天候と服装

 キルギスは日本と同じように四季がはっきりと分かれる冷温帯気候。夏は暑く、冬は寒く雪が多い。旅行者が多い8月は真夏で、気温が30度超える日が多い。しかし、山間部は朝と夜は涼しく、急に寒くなることもあるので、長袖の防寒具(フリースなど)を持っていきましょう。また、キルギスは高山地で日差しが強いので、水分をとって日焼け対策を十分気をつけましょう。帽子、サングラス、日焼け止めの持参を強くお勧めします。

ビシュケク市の平均気温

1月 2月 3月 4月 5月 6月
-3.6 -2.8 9.5 18.5 23.2 28.5
7月 8月 9月 10月 11月 12月
29.7 30.1 25.1 17.5 10.5 -5.2

観光シーズンの気候

5月〜8月の天気

夏季の日中は気温が40℃を超えることもありとても暑いですが、地方や山間部では朝晩は10℃を下回ることもあります。夏の間でも温かい衣類(ライトジャケットやセーター)を持参ください。トレッキングや長期旅行の場合、温かい服は必須です。
日照 直射日光が厳しいキルギスでは、湖や山へお出かけの場合、日焼け止め、帽子、サングラスは不可欠です。午前12時から午後3時頃の暑くなる時間を除いてビーチで日光浴をすることをお勧めします。